サントスw

三都主にプレミアリーグからオファー 書類不備で断念
2006年08月31日06時05分
 J1浦和のMF三都主が、イングランド・プレミアリーグの2チームから獲得要請を受けたが、日本代表の中東遠征のビザ取得手続きでパスポートを預けていたため必要な手続きをとれず、移籍を断念したことが30日わかった。

 関係者によると三都主の獲得に動いていたのはボルトンとウィガン。ウィガンからは30日に年俸約10億円の好条件で要請があった。浦和に支払う移籍金が示された契約書も準備されていた。

 移籍可能な時期は8月末まで。三都主側は「浦和のJリーグ優勝に専念する」と話している。


何何?パスポートがあったら移籍してたってこと?
てか、移籍する気があったらそんなことで諦めるか普通(;´Д`)?
まあ、こいつは以前にもプレミアからオファーがあったが外国人労働者ビザがどうとか
代表回数がどうとかで一度ダメになってるから関係者はわざとかもねww
[PR]
by makotang | 2006-08-31 06:56 | サッカー
<< ローマ人の物語 ザバスアクア >>