ひどいな・・・

市母子殺害差し戻し審 「ドラえもんが何とかしてくれる」元少年、改めて殺意否認
6月27日15時51分配信 産経新聞
 山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が1、2審の無期懲役の判決を破棄した元会社員の男性被告(26)=事件当時(18)=に対する差し戻し控訴審の第3回公判が27日午前、広島高裁(楢崎康英裁判長)で始まった。前日の第2回公判に引き続き被告人質問が行われ、被告は本村弥生さん=当時(23)=の遺体に性的暴行を加えたことについて「生き返ってほしいという思いだった」と供述した。
 被告は弁護側の尋問に「お母さんに助けを求める心境で弥生さんの遺体に近づき、性的暴行を加えた」と供述。理由については伝奇小説に、同様にして死んだ女性を復活させる儀式の場面があったから、とした。
 また、長女の夕夏ちゃん=同11カ月=を死亡させた状況については「はっきりしない」としたが、遺体を押し入れの天袋に入れたことは「ドラえもんの存在を信じていた。押し入れに入れれば、ドラえもんが何とかしてくれると思った」と説明した。弁護側の最後の質問では「弥生さんも夕夏ちゃんも殺害しようと思ったことはない」と改めて殺意を否認。検察側の主張は「事実無根」と主張した。
 続いて行われた検察側の尋問では、最高裁に提出した上申書や差し戻し審に向けた鑑定人との面会で、犯行状況について被告人質問とは異なる説明をしたことを追及されたが、「自分の記憶を精査してきた。今回、法廷で話したことが真実に最も近い」と述べた。
 被告は差し戻し前の1、2審では起訴事実を全面的に認めていた。

こんなグダグダな裁判も珍しいなあ。
弁護団は死刑にしたく無い一心でもう分けが分からなくなってる。
これ、弁護士の地位を貶める行為だといって他の弁護士から批難の声が
あがってもおかしくないが、弁護士は弁護士倫理規定で

 第4章 他の弁護士との関係における規律
第43条(名誉の尊重)
:弁護士は、相互に名誉と信義を重んじ、みだりに他の弁護士を誹ぼう・中傷してはならない。
第44条(弁護士に対する不利益行為)
:弁護士は、正当な職務慣行又は信義に反して他の弁護士を不利益に陥れてはならない。

とか決まってて、他の弁護士を批判できないんだよね。
だから、みんなだんまり。なんだかなぁ。
[PR]
by makotang | 2007-06-27 23:40 | ネタ
<< 電源を変えた! radio shark2を買った! >>